image1 image2 image3 image1
山の香り漬
 山の香り漬のご紹介
kaoriduke2
 
山の香り漬(やまのかおりづけ)は、平成25年8月より販売を開始した
当社のオリジナルの漬物です。
もともとは農民そばや芭蕉庵にて「そばの付け合わせ」として提供していたもので、
お客様から「譲ってほしい」などの好評の声を多くいただき、商品化いたしました。
 
 
商品概要
商品名:山の香り漬(わらびときゅうりのしその実入り醤油漬)
kaoriduke
内容量:140g入り
原材料:七ヶ宿産わらび・きゅうり・しその実
賞味期限:製造日より2ヶ月(低温加熱殺菌処理)
※保存料・添加物は一切使用しておりません。
販売価格:480円(税込)

販売店舗:
・農民そばや芭蕉庵
・山の香り漬直売所
・道の駅「七ヶ宿」
 
■■源流域で育つ「トロトロわらび」と、
  トロトロを最大限に活かす、地域伝承の加工の知恵■■
 
七ヶ宿町は一級河川「白石川」の源流に位置し、とても水や土がきれいな
環境にあります。その環境の中で育つ「わらび」には特徴があり
 
他にわないような「強い粘り」を持っています
warabi
 
初めはシャキッとした食感ですが、噛めば噛むほどにトロトロが増し
地元では「ずるずるしている」などと表現しております。
 
 
このトロトロの粘りは、素材の持つ性質だけでなく、
加工する方法もとても重要になります。わらびの加工方法は、
実は古く江戸時代より伝統的に伝えられてきております。
 
yunoharajyuku
七ヶ宿町は江戸時代「参勤交代の宿場町」として馳せた時期がありました。
(そのため、七つの宿場があったことから七ヶ宿という地名になりました)
 
宿場では大名行列をもてなすために、地元の素材を活かした郷土料理を
ふるまって参りました。
その加工・調理の技術は代々母から子へ受け継がれてきており
わらびの加工についても昔と変わらぬ伝統的な方法で行っております。
 
 
 
■■そばつゆ仕込みの要「かえし」を応用■■
当社の事業は平成11年に開業した農民そばや芭蕉庵がもとになっております。
芭蕉庵においては地元生産のそばにこだわる一方、
「つゆ仕込み」にもこだわってまいりました。
kaesi
 
そばつゆは、ベースとなる「かえし」(醤油・みりん・砂糖の調味料)と「ダシ」を
合せることにより作っております。
この「かえし」を、山の香り漬の調味に応用いたしました。
合せる「ダシ」に香りさわやかな「しその実」と「しょうが」を使用しました。
 
そばつゆの仕込みの知恵が山の香り漬には活かされています。
 
 
■■2012年「七ヶ宿町商品開発コンテスト」並びに
  漬物日本一決定戦「T-1グランプリ東北大会法人の部」にて最高金賞受賞■■
 
商品化をするにあたり、七ヶ宿町の商品開発コンテスト、また漬物の日本一を決める
コンテスト「T-1グランプリ」に応募したところ、
t-1
 
2012七ヶ宿町商品開発コンテスト・・・最優秀賞
2012T-1グランプリ東北大会法人の部・・・最高金賞
 
を受賞することができました。七ヶ宿の素材の良さそして加工・調味を評価して
いただくことができました。